古楽器科

概要

 当学科は1992年に設けられ、ドイツ国内外から50名以上の学生が学んでいます。古楽器科の校舎は数年前にGrassi通りから、J.S.バッハの活躍したトーマス教会にほど近いDittrichringに移りました。ジャズ科、演劇科などの学科と一緒の校舎に古楽器科専用の部屋を11部屋持っています。これらの部屋では、授業の無い時には練習出来るようになっています。授業の質の高さはもちろんのこと、当学科の大きな特徴は講師と学生間の距離の近さです。中でも室内楽の授業、定期的なバロックオーケストラ、バロックオペラのプロジェクト(Grossprojekte) などでは一体となり、学生にとって経験を積む良い機会となっています。同種コンソートに不可欠な高-低音楽器が揃っていて貸し出しもしています。

 

大学図書館は沢山の貴重なファクシミリ楽譜、を古楽器科の為に購入、所有、保管しています。また、バッハ・アルヒーフ Bach-Archiv/-Museum とライプツィヒ大学楽器博物館 Museum für Musikinstrumente der Universität Leipzigとは協力関係にあります。.

 

年齢制限

当古楽器科は全ての学修課程において年齢制限を設けていません。

 

語学について

 ドイツ国籍をもたない外国人で大学1年および3年編入(Bachelorstudiengänge)と修士課程 (die meisten künstlerischen Masterstudiengänge)の受験を希望する者は最低でも中級程度のドイツ語能力(Stufe B1 des Gemeinsamen Europäischen Referenzrahmens für Sprachen (GER))の証明が必要です。教育学科修士課程(musikpädagogischen Masterstudiengänge)を受験する者は中級以上(Stufe C1)のドイツ語能力の証明を要します。

 

 

講師

専攻

 

古楽声楽

グンドゥラ・アンダース

マレク・ルツェプカ

Gundula Anders

Yosemeh Adjei

 リコーダー

Prof. ロベルト・エーリッヒ*

アンナ・ヤヌイ

Prof. Robert Ehrlich*

Anna Januj

Sheng-fang Chiu

トラヴェルソフルート

 アンネ フライタッグ

Anne Freitag
ヒストリカル オーボエ

ミヒャエル ボッシュ

Michael Bosch

バロックファゴット/

ドゥルシアン

ジョルジー・ファーカス

Györgyi Farkas

コルネット

アルノー・パドゥフ

Arno Paduch

ナチュラルホルン

 ステファン カッテ Stephan Katte
 ナチュラルトランペット

ウーテ・ハルトヴィッヒ

Ute Hartwich

トロンボーン

セバスティアン・クラウゼ

Sebastian Krause

バロックヴァイオリン

ヴィオラ

Prof. メヒティルト・カルコフ

 

Prof. Mechthild Karkow

Claudia Mende

バロックチェロ

Prof. ヤン・フライハイト

Prof. Jan Freiheit

ヴィオラ・ダ・ガンバ

イレーネ・クライン

Irene Klein

ヴィオローネ

ヨーグ・メーダー

Jörg Meder

リュート

ステファン ラート

Stephan Rath

チェンバロ/副科/伴奏

 

Prof. ニコラス・パール

Prof. トビアス・シャーデ

(学科主任Studiendekan)(副科/伴奏)

ミヒャエラ・ハッセルト

ジータ・ミキヤンスカ

クラウディア・シュヴァイツァー

アルヴェ・スターヴラン

メヒティルト・ヴィンター

Prof. Nicholas Parle

Prof. Tobias Schade

 

 

Michaela Hasselt

Eckhart Kuper

Zita Mikijanska

 

Arve Stavran

Mechthild Winter

ピアノフォルテ

 エッカート・クーパー

Eckhart Kuper

 

*Prof. ロベルト・エーリッヒは目下音楽大学の学長であり生徒は受け持っていません。2020/21年の冬季から再び教鞭をとる予定です。

 

 

古楽器科 専門科目

 

古楽器学

ファイト・ヘラー

Veit Heller

調律と音響学

ファイト・ヘラー

Veit Heller

古典舞踊

ユッタ・フォース

Jutta Voß

ヒストリカル ジェスチャー

 ニルス バーデンホップ

Niels Badenhop

 即興演習

マルティン・エアハルト

ヨースタイン・グンダーソン

Martin Erhardt

Jostein Gundersen

資料研究

Dr. phil. カテリーナ・シューニング

Bacharchiv, Leipzig

記譜法実習

クラウディア・ナウハイム

Claudia Nauheim

チェンバロ調律とメンテナンス

Prof. トビアス・シャーデ

Prof. Tobias Schade

通奏低音研究

Prof. ニコラス・パール

Prof. Nicholas Parle

 

・古楽器学はライプツィヒ大学楽器博物館 Museum für Musikinstrumente der Universität Leipzig で授業が受けられ、現物を見ることで資料だけではわからない楽器の構造、修復の工程を学べます。

・調律と音響学で昔のヨーロッパ事情を理解しながら歴史、当時の技術、センスについて学びます。

・古典舞踊はルネッサンス~バロックが主のグループレッスンです。初心者向けと上級者向けコース有り。

・ヒストリカル・ジェスチャーの授業は古楽声楽科の必修科目です。言葉と手振り身振りとを関連させて舞台での表現法を学びます。

・即興演習では時には理論的に、時にはただの模倣だけでなく理論を打ち破る柔軟さをもって演奏する大切さを学びます。2009年から定期的に開催されるインプロフェスティバル・ライプツィヒ(http://www.improfestival-leipzig.de/)ではコンサート、ワークショップが開かれます。

・音楽大学図書館 Hochschulbibliothek には沢山のファクシミリ楽譜、全集、文献資料が揃っています。資料研究のゼミはヨーロッパで印刷され、出版された資料から、著者の意図を読み取り、噛み砕いて理解し、議論する場です。

・記譜法実習の講義では、ネウマ譜やオルガンタブラトゥアーなどを現代譜へ書き換えることや、ファクシミリ楽譜をスラスラ読めるようにします。

・.チェンバロの調律とメンテナンスの授業は短期集中で行われます。古楽器を学ぶ者なら誰でもチェンバロを目にする必要があり、調律もまめにしなくてはならない厄介な楽器です。もしもできるようになったら・・・、そんな授業です。

・通奏低音研究はチェンバロ科の必修科目です。時代ごとの通奏低音の弾き別け方、文献を読んで考察をします。

 

 

Bachelorstudiengang は日本の大学でいう学部に相当。1ゼメスター(1年次前期)からの入学、または 3、5ゼメスター(2、3年次の前期編入)からの編入が可能です。編入の場合は学科主任に相談すると良いでしょう。

Bachelorstudiengangの専攻楽器はバロック・ヴァイオリン、バロック・ヴィオラ、バロック・チェロ、ヴィオローネ/17世紀の低音楽器、コルネット、バロック・トロンボーン、ナチュラル・トランペット、ナチュラル・ホルン、バロック・ファゴット/ドゥルシアン、ヒストリカル・オーボエ、トラヴェルソフルート、ヴィオラ ダ ガンバ、リコーダー、チェンバロ、ピアノフォルテ、古楽声楽

・修業年数 8ゼメスター(4年) (240 Credit Points)

・卒業資格 Bachelor of Musik (B.Mus.)

 

Alte Musik - Verbreiternd konsektiv  は修士課程に相当修業年数 

4ゼメスター(2年)で Master of Music 取得 (120 Credit Points)

専攻楽器はバロック・ヴァイオリン、バロック・ヴィオラ、バロック・チェロ、ヴィオローネ/17世紀の低音楽器、コルネット、バロック・トロンボーン、ナチュラル・トランペット、ナチュラル・ホルン、バロック・ファゴット/ドゥルシアン、ヒストリカル・オーボエ、トラヴェルソフルート、ヴィオラ ダ ガンバ、リコーダー、チェンバロ、ピアノフォルテ、古楽声楽

 

Alte Musik – Vertiefend konsektivは修業年数 2ゼメスター(1年)で Master of Music 取得 (60 Credit Points)

古楽器を以前に大学で学んだ人で早期に修士課程を修了したい人など向け。詳しくは学科主任に相談されると良いでしょう。

専攻楽器はバロック・ヴァイオリン、バロック・ヴィオラ、バロック・チェロ、ヴィオローネ/17世紀の低音楽器、コルネット、バロック・トロンボーン、ナチュラル・トランペット、ナチュラル・ホルン、バロック・ファゴット/ドゥルシアン、ヒストリカル・オーボエ、トラヴェルソフルート、ヴィオラ ダ ガンバ、リコーダー、チェンバロ、ピアノフォルテ、古楽声楽

 

Meisterschülerstudium は、芸術家としての実力をつけるだけでなく、教育者としての能力と知識を高めていくことを重点としたコースです。教育的立場から得た知識と技能を発展させていく機会を得、ソリストとしての活動にとどまらず、レベルの高い芸術プロジェクト遂行にもつながることでしょう。

修業年数 4ゼメスター(2年)(120 Credit Points)
STUDIENBEGINN: MÄRZ 2018 入学試験期間:

STUDIENBEGINN: MÄRZ 2018

入学試験期間:

2018年1月30日―2月1日

試験対象は以下の通り

  • Master , Meisterklasseと古楽声楽科以外のBachelor 2、3年次編入希望者

願書オンライン受付